人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」防災・減災の重要な情報を分かりやすく解説すいます。

避難

新型コロナ いま災害が起きたら避難していいの?避難所のコロナ対策は?

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、東京都などに緊急事態宣言が出されています。もし今、大地震が起きたらどう行動すればいいのか、不安な人も多いのではないでしょうか?この記事では、新型コロナウイルスが蔓延している中で災害が発生したらどう行動す…

秋田県の津波ハザードマップ「日本海でM8.7、津波は10m超の可能性」

※ここで紹介しているのは、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの津波のハザードマップですが、あくまで想定ですので、実際にはさらに高い津波が押し寄せたり、ハザードマップで「津波が来ない」とされている場所にも津波が到達する可能性があります。(この…

青森県の津波ハザードマップ「東日本大震災を超える大津波の可能性、日本海側20m想定も」

※ここで紹介しているのは、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの津波のハザードマップですが、あくまで想定ですので、実際にはさらに高い津波が押し寄せたり、ハザードマップで「津波が来ない」とされている場所にも津波が到達する可能性があります。(この…

津波からの避難で気を付けること(イラスト付き)

津波とは? 気を付けるポイント “高い場所”に避難 津波は何度も来る 斜面を駆け上がる 予想を超えることも 津波とは? 津波のことを「大きな波」と誤解している人もいますが、通常の波とは全く違います。普通の波は海面付近だけが動いていますが、津波は海面…

「巨大」「高い」は非常事態!大津波警報・津波警報の意味を分かりやすく解説

「大津波警報」「津波警報」という言葉を聞いたことはあっても、その意味とどう行動すればいいかを完璧に理解している人は少ないと思います。津波警報は東日本大震災後の2013年に大きく変わったので、情報の意味を誤解している人もいるかもしれません。この…

大阪府 津波ハザードマップ「南海トラフ巨大地震 梅田など大規模浸水のおそれ」

大阪府では南海トラフ巨大地震による大津波が想定されています。ここで紹介しているのは、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの津波のハザードマップですが、あくまで想定ですので、実際にはさらに高い津波が押し寄せたり、ハザードマップで「津波が来ない…

和歌山県 津波ハザードマップ「南海トラフ巨大地震 各地で10m超の大津波」

和歌山県では南海トラフ巨大地震による大津波が想定されています。ここで紹介しているのは、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの津波のハザードマップですが、あくまで想定ですので、実際にはさらに高い津波が押し寄せたり、ハザードマップで「津波が来な…

三重県 津波ハザードマップ 「南海トラフ巨大地震 最大20m超の大津波」

三重県では南海トラフ巨大地震による大津波が想定されています。ここで紹介しているのは、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの津波のハザードマップですが、あくまで想定ですので、実際にはさらに高い津波が押し寄せたり、ハザードマップで「津波が来ない…

愛知県 津波ハザードマップ「南海トラフ巨大地震で名古屋周辺 大規模浸水のおそれ」

愛知県では南海トラフ巨大地震による大津波が想定されています。ここで紹介しているのは、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの津波のハザードマップですが、あくまで想定ですので、実際にはさらに高い津波が押し寄せたり、ハザードマップで「津波が来ない…

静岡県 津波ハザードマップ(南海トラフ巨大地震・相模トラフ巨大地震)

静岡県では南海トラフ巨大地震や相模トラフ巨大地震による大津波が想定されています。ここで紹介しているのは、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの津波のハザードマップですが、あくまで想定ですので、実際にはさらに高い津波が押し寄せたり、ハザードマ…

神奈川県 津波ハザードマップ「横浜・川崎など大規模浸水のおそれ」

神奈川県では相模トラフ巨大地震などによる大津波が想定されています。さらに神奈川県独自の想定として、南海トラフの東延長上での巨大地震も含んだ津波想定となっています。ここで紹介しているのは、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの津波のハザードマ…

淀川・桂川・大和川が氾濫したらどうなるのか「大阪・京都 洪水ハザードマップ」

2019年の台風19号では関東甲信越や東北を中心に大規模河川の氾濫や堤防の決壊が相次ぎましたが、大阪や京都などの河川でも同じような被害が出る可能性があります。特に淀川の氾濫では大阪府の中心部で甚大な被害が出る可能性があります。 淀川 浸水想定マッ…

木曽川・長良川・揖斐川ハザードマップ「木曽三川が氾濫したらどうなるのか」

2019年の台風19号では関東甲信越や東北を中心に大規模河川の氾濫や堤防の決壊が相次ぎましたが、同じようなことは東海地方でも起きる可能性があります。特に木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)が流れる愛知・岐阜・三重の県境付近、さらに庄内川などが流れる…

利根川・荒川・多摩川が氾濫したらどうなるのか「首都圏洪水ハザードマップ」

大型で非常に強い勢力を保って日本に接近し、強い勢力で静岡県に上陸した台風19号は関東・東海・甲信越・東北の広いエリアにこれまで経験したことがないような記録的な大雨をもたらしました。今回、利根川や荒川、多摩川など都市部を流れる大規模河川の大洪…

大雨特別警報は大災害発生後に発表されるという衝撃の事実

2018年7月の西日本豪雨や2019年の台風19号による大雨でも発表された“特別警報”。言葉は聞いたことがあっても、実際どんな意味の情報かを正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?特別警報の発表基準をわかりやすく解説します。 特別警報と警報の…

社員を殺すブラック企業「避難勧告が出ているので早めに出勤してください」

この記事では会社について解説しています。学校についてはこちらの記事で取り上げています。 「早めに出勤してください」 当時の広島県内の気象状況 命を落とす前に改善を! 「早めに出勤してください」 関東甲信・東海・北陸・東北南部が梅雨入りしたと発表…

5段階の大雨警戒レベル「レベル5=手遅れ」あなたはどう行動すればいいのか?

2018年7月に西日本各地を襲い死者200人以上という平成最悪の被害を出した「平成30年7月豪雨」。避難勧告や特別警報など、危険を知らせるための情報が相次いで出されましたが、必ずしも避難に結び付きませんでした。そこで2019年から、これまでの情報を整理し…