人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」防災・減災の重要な情報を分かりやすく解説すいます。

青森県の津波ハザードマップ「東日本大震災を超える大津波の可能性、日本海側20m想定も」

青森県の津波ハザードマップ

※ここで紹介しているのは、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの津波のハザードマップですが、あくまで想定ですので、実際にはさらに高い津波が押し寄せたり、ハザードマップで「津波が来ない」とされている場所にも津波が到達する可能性があります。(この情報は平成27年に青森県が発表した情報を基に作成しています。)
 

はじめに

ハザードマップは、あらゆる可能性を考えて作成されていますが、想定を上回る地震が発生したり、海底地滑りなどによって、想定を上回る可能性もあります。ハザードマップを見る時の注意点はこちらの記事で詳しく解説しています。

» 意外と知らないハザードマップの正しい見方と注意点

 

また、青森県の津波ハザードマップは2011年の東日本大震災を教訓に「二度と想定外を繰り返さない」ことを意識して作られています。そのため地震の規模などによっては、実際の津波はこの想定よりも小規模の可能性もあります。この浸水想定を見て避難を諦めないようしてください。

青森県全域 津波ハザードマップ

浸水想定マップ 

青森の津波ハザードマップ

浸水する市町村

青森県が2015年に公表した津波浸水想定によると、青森市の浸水面積は5.2㎢、八戸市の浸水面積は38.9㎢などとなっています。

詳細は以下の表をご覧ください。(一つの地震による想定ではありません。実際の浸水面積はさらに広くなる可能性もあります。)

青森県で浸水する市町村

青森県「津波浸水想定について(解説 )」より

予想される津波の高さ

青森県の資料によると、青森市では地震発生と同時に津波による海面変動が始まり、5分で最大波が到達、八戸市では地震発生から13分で海面変動が始まり、44分で最大波が到達すると想定されています。

また青森市の最大波は3.7m、八戸市の最大波は23.1mと想定されています。

詳細は以下の表をご覧ください。(一つの地震による想定ではありません。また、津波は予想より早く到達したり、予想高さを上回る可能性もあります。)

青森県で予想される津波の高さ

青森県「津波浸水想定について(解説 )」より

青森市ハザードマップ

こちらは青森市が公表している津波ハザードマップです。

詳しくはこちらをご覧ください。

» 青森市津波ハザードマップ(青森市)

青森市中央地区

青森市中央地区の津波ハザードマップ

青森市「青森市津波ハザードマップ」より

青森市東部地区・西部地区

青森市東部地区・西部地区の津波ハザードマップ

青森市「青森市津波ハザードマップ」より

八戸市ハザードマップ

こちらは八戸市が公表している津波ハザードマップです。

詳しくはこちらをご覧ください。

» 八戸市津波避難ハンドブック(八戸市)

最大津波マップNo.1

八戸市津波ハザードマップ

八戸市「津波避難ハンドブック」より

最大津波マップNo.2

f八戸市津波ハザードマップ

八戸市「津波避難ハンドブック」より

最大津波マップNo.3

八戸市津波ハザードマップ

八戸市「津波避難ハンドブック」より

最大津波マップNo.4

八戸市津波ハザードマップ

八戸市「津波避難ハンドブック」より

最大津波マップNo.5

八戸市津波ハザードマップ

八戸市「津波避難ハンドブック」より

 このほかの市町村

青森市・八戸市以外の津波ハザードマップはこちらの『わがまちハザードマップ(国土交通省)』から閲覧できます。

» わがまちハザードマップ(国土交通省)

パソコンの場合

右の都道府県選択から「青森県」を選択、見たい市町村をクリックすると各ハザードマップへアクセスできます。

スマホの場合

右上の「地域選択」をタップし、都道府県選択から「青森県」を選択、見たい市町村を選択すると各ハザードマップへアクセスできます。

まとめ

青森県では、太平洋側だけでなく、日本海側でも大津波が想定されています。また、陸奥湾付近にある活断層による地震でも津波が発生する可能性があります。沿岸付近で揺れを感じた場合は、津波警報を待つことなく、その時避難できる最も高い場所へ避難してください。

 

津波から避難するときに気を付けることはこちらの記事にまとめてあります。 

» 津波からの避難で気を付けること(イラスト付き)

 

津波関連のおすすめ記事