人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

台風

淀川・桂川・大和川が氾濫したらどうなるのか「大阪・京都 洪水ハザードマップ」

2019年の台風19号では関東甲信越や東北を中心に大規模河川の氾濫や堤防の決壊が相次ぎましたが、大阪や京都などの河川でも同じような被害が出る可能性があります。特に淀川の氾濫では大阪府の中心部で甚大な被害が出る可能性があります。 淀川 浸水想定マッ…

木曽川・長良川・揖斐川ハザードマップ「木曽三川が氾濫したらどうなるのか」

2019年の台風19号では関東甲信越や東北を中心に大規模河川の氾濫や堤防の決壊が相次ぎましたが、同じようなことは東海地方でも起きる可能性があります。特に木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)が流れる愛知・岐阜・三重の県境付近、さらに庄内川などが流れる…

台風情報の正しい見方 ほとんどのマスコミは間違っている!?

台風20号と台風21号が相次いで発生、ともに日本に近づく予想になっています。しかし、台風情報の正しい見方を知らないと「台風21号はでかくなる」といったような間違った捉え方をしてしまいます。このような誤解をしないためにも台風情報の見方をしっかりと…

台風20号発生 日本に影響の可能性も(各国の最新予想を比較)

2019年10月18日午前3時、日本の南の海上で台風20号「ノグリー」が発生しました。台風19号で大きな被害が出ていることから台風20号の進路に関心がある人も多いのではないでしょうか?台風20号の今後の進路予想を気象庁や世界各国の予想を使って解説します。 …

利根川・荒川・多摩川が氾濫したらどうなるのか「首都圏洪水ハザードマップ」

大型で非常に強い勢力を保って日本に接近し、強い勢力で静岡県に上陸した台風19号は関東・東海・甲信越・東北の広いエリアにこれまで経験したことがないような記録的な大雨をもたらしました。今回、利根川や荒川、多摩川など都市部を流れる大規模河川の大洪…

台風の名前はどうやって決まる?台風のキラキラネームを一挙紹介

日本では台風を「台風1号」「台風2号」と呼ぶことが一般的なため、あまり知られていませんが、台風にはすべて名前がついています。世界の中でも台風を番号で呼ぶ国は珍しく、多くの国はこの名前を使って呼んでいます。では、台風の名前は誰がどのように決め…

台風でも保育園が休みにならない衝撃の理由~命がけで出勤する保育士たち~

台風が接近している時、小学校や中学校などは休校になりますが、保育園は通常通り開いている場所が多くあります。 なぜ、暴風が吹き荒れる中、保育園が開いているのかを調べていくと、台風の中、危険をおかして出勤する人たちが多い問題ともつながるが見えて…

大雨特別警報は大災害発生後に発表されるという衝撃の事実

2018年7月の西日本豪雨や2019年の台風19号による大雨でも発表された“特別警報”。言葉は聞いたことがあっても、実際どんな意味の情報かを正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?特別警報の発表基準をわかりやすく解説します。 特別警報と警報の…

「梅雨入り宣言」は存在しない!梅雨明けはいつ?明日から使える豆知識

梅雨とは? 「梅雨入り宣言」は存在しない? 梅雨入りは後から変更される? 2019年梅雨明け予想 梅雨明け予想日 大雨に警戒を! 梅雨とは? 季節が春から夏へと移る時、日本列島は長い期間、梅雨前線に伴う雨が降ります。この期間のことを「梅雨」といいます…

社員を殺すブラック企業「避難勧告が出ているので早めに出勤してください」

この記事では会社について解説しています。学校についてはこちらの記事で取り上げています。 「早めに出勤してください」 当時の広島県内の気象状況 命を落とす前に改善を! 「早めに出勤してください」 関東甲信・東海・北陸・東北南部が梅雨入りしたと発表…

大雨警報で休みにならない学校 子供が死んでからでは遅い!今こそ見直しを!

「暴風警報が発表されているから今日は学校休み」「暴風警報が発表されていないから雨は強いけど学校はある」という経験があると思います。しかし、なぜ暴風警報だけが判断の目安になっていて大雨警報は考慮されていないのでしょうか?(最近では大雨警報で…

5段階の大雨警戒レベル「レベル5=手遅れ」あなたはどう行動すればいいのか?

2018年7月に西日本各地を襲い死者200人以上という平成最悪の被害を出した「平成30年7月豪雨」。避難勧告や特別警報など、危険を知らせるための情報が相次いで出されましたが、必ずしも避難に結び付きませんでした。そこで2019年6月から大雨情報の伝え方が変…

災害時に必須なモバイルバッテリー、災害時には乾電池式がおすすめ!?~地震・大雨災害に備える~

近年、日本では地震や大雨などの大災害が頻発しています。2011年の東日本大震災、1995年の阪神・淡路大震災、2016年の熊本地震、2018年の北海道胆振東部地震、同じく2018年の西日本豪雨など毎年のように大きな災害が発生しています。 災害時、食料やトイレの…

簡易トイレはどれくらい必要?~地震・大雨災害に備える~

近年、日本では地震や大雨などの大災害が頻発しています。2011年の東日本大震災、1995年の阪神・淡路大震災、2016年の熊本地震、2018年の北海道胆振東部地震、同じく2018年の西日本豪雨など毎年のように大きな災害が発生しています。 そして災害時、もっとも…

水・非常食はどれくらい備えるべき?わかりやすく解説~地震・大雨災害に備える~

近年、日本では地震や大雨などの大災害が頻発しています。2011年の東日本大震災、1995年の阪神・淡路大震災、2016年の熊本地震、2018年の北海道胆振東部地震、同じく2018年の西日本豪雨など毎年のように大きな災害が発生しています。 これは決して他人事では…

特別警報と警報の違いととるべき行動

2018年7月始め、西日本を中心にこれまで日本が経験したことがないような超広域豪雨災害が発生しました。この時、ニュースなどで「大雨特別警報」という言葉を繰り返し聞いたと思います。この災害で初めて「特別警報」という言葉を聞いた人もいると思います。…

いまさら聞けない 避難指示・避難勧告の違い

あなたはどんな情報が出たら避難しますか? 避難指示(緊急) 避難勧告 避難準備・高齢者避難開始 あなたが日常生活に周りの助けを必要としないなら「避難勧告」です。「避難指示(緊急)」を選んだ人はかなり危険です。今回はこの避難についての情報の意味と、…

特別警報・避難指示の本当の意味を分かりやすく解説!

情報の種類 1.気象庁が発表する情報 2.国土交通省が発表する情報 3.自治体が発表する情報 気象庁が発表する情報の意味 大雨警報 土砂災害警戒情報 記録的短時間警戒情報 大雨特別警報 国土交通省が発表する情報の意味 氾濫注意情報 氾濫警戒情報 氾濫危険情…

東日本大震災・西日本豪雨「正常性バイアス」なぜ人は逃げないのか?

災害が迫ると様々な情報が出ます。 大雨警報 避難勧告 津波警報… このような情報を聞いたとき、あなたはどうしますか?過去に自分が住んでいる地域に避難勧告が出されたこともあるかもしれません。そんな時、「今回は大丈夫だろう」とか「自分は関係ない」と…