人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

【南海トラフ】地震予知の定義 これを知っていればデマに惑わされない!

「◯月◯日の◯時◯◯分に南海トラフ巨大地震が起きる」こんな話を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、これは全てデマです。地震予知がどんなものかを正しく知っていれば、このような根拠のない情報に振り回されることも無くなります。地…

「梅雨入り宣言」は存在しない!梅雨明けはいつ?明日から使える豆知識

梅雨とは? 「梅雨入り宣言」は存在しない? 梅雨入りは後から変更される? 2019年梅雨明け予想 梅雨明け予想日 大雨に警戒を! 梅雨とは? 季節が春から夏へと移る時、日本列島は長い期間、梅雨前線に伴う雨が降ります。この期間のことを「梅雨」といいます…

社員を殺すブラック企業「避難勧告が出ているので早めに出勤してください」

この記事では会社について解説しています。学校についてはこちらの記事で取り上げています。 「早めに出勤してください」 当時の広島県内の気象状況 命を落とす前に改善を! 「早めに出勤してください」 関東甲信・東海・北陸・東北南部が梅雨入りしたと発表…

大雨警報で休みにならない学校 子供が死んでからでは遅い!今こそ見直しを!

「暴風警報が発表されているから今日は学校休み」「暴風警報が発表されていないから雨は強いけど学校はある」という経験があると思います。しかし、なぜ暴風警報だけが判断の目安になっていて大雨警報は考慮されていないのでしょうか?(最近では大雨警報で…

南海トラフ巨大地震は予知できるのか?地震予知の歴史と未来

2XXX年X月X日 「明日、南海トラフ巨大地震が発生します」今のうちに食料を買って、海の近くに住んでいる親戚を避難させて、今日は背の高い家具がない部屋で寝よう。 近い将来、こんな未来が待っているのでしょうか?多くの人が実現を待ちわびている“地震予知…

5段階の大雨警戒レベル「レベル5=手遅れ」あなたはどう行動すればいいのか?

2018年7月に西日本各地を襲い死者200人以上という平成最悪の被害を出した「平成30年7月豪雨」。避難勧告や特別警報など、危険を知らせるための情報が相次いで出されましたが、必ずしも避難に結び付きませんでした。そこで2019年6月から大雨情報の伝え方が変…

これまでに日本で発生した巨大地震 昭和南海トラフ・東日本大震災

1.東日本大震災 2.千島列島地震 3.北海道東方沖地震 4.十勝沖地震 5.小笠原諸島西方沖地震 6.択捉島沖地震 7.択捉島沖地震 8.昭和三陸地震 9.十勝沖地震 10.昭和南海地震 1.東日本大震災 日本で起きた最も規模の大きな地震は2011年3月11日に発生した東北地方…

日本で観測された震度7の全記録 阪神淡路大震災、中越地震、東日本大震災、熊本地震、北海道地震

1.阪神淡路大震災 日本で初めて震度7が観測されたのは1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震(M7.3)です。この時、震度は6と発表されましたが、のちの現地調査で神戸市やその周辺で震度7と判定されました。現在ではこの制度は無くなっていますが、当時は震…

なぜいつも、ノーマークの場所で地震が起きる?南海トラフ・首都直下はいつ?

「南海トラフ巨大地震はいつ起きてもおかしくない」「首都直下地震が30年以内に発生する確率は70%」「北海道でもマグニチュード9の地震か?」と散々聞こえてくるのに、実際に地震が起きるのはいつもノーマークの場所、と思っている方も多いと思います。事実…

南海トラフ巨大地震 4ケース+経験的手法=最悪ケース震度予測

南海トラフ巨大地震の震度予測は「基本ケース」「東側ケース」「西側ケース」陸側ケース」の4ケースと「経験的手法」によるものがあり、この5つを重ね合わせたものが「最悪ケース」として広く知られている震度予測地図です。 基本ケース 出典:南海トラフの…

活断層がない場所でも大地震は起きる!全国一律M6.8震度予測

活断層がない場所でも大地震が起きる、って知っていましたか?南海トラフ巨大地震や東北地方太平洋沖地震のようなマグニチュード8~9クラスの海溝型地震は、ある程度どこで発生するか予測することができます。海溝型の地震は比較的短い間隔で発生するため、…

黄色エリアも要注意!地震動予測地図は0.1%で「やや高い」

全国地震動予測地図2018年版 | 地震本部 これは2018年に政府の地震調査研究推進本部が発表した「今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率」を表した地図です。正式名称は「確率論的地震動予測地図」ですが一般には「地震動予測地図」と呼ばれてい…

津波警報の歴史~北海道南西沖地震と東日本大震災の反省~

今では地震直後に発表されることが当たり前になった「津波警報」ですが、昔は発表までに数十分かかっていたころもありました。津波警報の進化の歴史です。 1952年:津波警報開始 地域区分 発表情報 1977年:津波警報改善-1 1999年:津波警報改善-2 発表区域 …

予想1m、実際には4mの津波 2016年福島県沖地震 津波警報はなぜ外れた?

2016年11月に福島県沖で発生した地震では宮城県の津波の予想高さが1mだったにもかかわらず、実際には現地調査で最大4mの津波が起きていたことがわかりました。東日本大震災以降、津波の過小評価対策が取られてきたはずでしたが、なぜこのような事態になって…