人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」防災・減災の重要な情報を分かりやすく解説すいます。

台風14号 週末に東日本上陸か? 海外の予測モデルも紹介

台風14号

台風14号が日本に接近しています。進路がかなり絞られてきて、本州の太平洋沿岸付近を東に進む可能性が高くなっています。この記事では、気象庁の進路予想と、海外の予報機関が発表している風の予想を紹介します。

現在の台風14号

台風14号推定

気象庁の発表では、強い台風14号は、8日午前6時には、沖縄県南大東島の北東の海上を時速20kmという比較的ゆっくりとしたスピードで北西に進んでいると見られます。

午前6時時点での中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は35m/s、最大瞬間風速50m/sで、暴風域を伴っています。

台風14号は、強風域の直径が830kmと大型ではありませんが、最大風速は35m/sと強い勢力となっています。

台風の大きさと強さ

この台風は今後、8日には奄美地方に接近し、9日以降西日本へ接近するおそれがあります。その後、10日以降は東日本に接近し、上陸するおそれがあります。

台風14号 今後の予想

台風14号予想 

こちらのページから常に最新の情報を確認してください。

9日午前6時の予想

場所:種子島の東の海上
中心気圧:960hPa
最大風速:40m/s
最大瞬間風速:55m/s

10日午前3時の予想

場所:四国の沖
中心気圧:965hPa
最大風速:35m/s
最大瞬間風速:50m/s

11日午前3時の予想

場所:関東周辺
中心気圧:975hPa
最大風速:30m/s
最大瞬間風速:45m/s

12日午前3時の予想

場所:日本の東の海上
中心気圧:980hPa
最大風速:30m/s
最大瞬間風速:40m/s

 海外の予報機関の予測

ここからは、海外の予報機関が発表している風の予測を見ていきます。

JTWC(米軍合同台風警報センター)

こちらはアメリカ軍が発表している台風14号の進路予想です。気象庁の予想と似ていて、日本の南の海上を東に進む予想になっています。

台風14号予想

ECMWF (ヨーロッパ中期予報センター)

続いて、ECMWF (ヨーロッパ中期予報センター)が発表している風の予測です。下のバーを左右に動かすことで、今後の風の予想を見ることができます。


※あくまで、数ある予測の一つとして捉えてください。今後の予想は大きく変わることもあります。

GFS(アメリカ海洋大気庁)

最後に、GFS(アメリカ海洋大気庁)が発表している風の予測です。下のバーを左右に動かすことで、今後の風の予想を見ることができます。


※あくまで、数ある予測の一つとして捉えてください。今後の予想は大きく変わることもあります。

まとめ

気象庁や海外の予報機関が発表している台風14号の予測を紹介しました。台風の進路予想は刻一刻と更新されていきます。常に最新の情報を見るようにしてください。

 おすすめ記事