人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

【石川県】3分でわかる過去の大地震「能登半島地震・福井地震・金沢地震」

石川県

石川県では2007年の能登半島地震以前にも繰り返し大地震に襲われ、甚大な被害が出てきました。その中から3つの地震を紹介します。

2007年 能登半島地震

地震の概要

2007年3月25日午前9時41分、石川県輪島市の沖合を震源とするマグニチュード6.9の地震が発生。石川県輪島市・七尾市・穴水町で震度6強の激しい揺れを、能登町・中能登町・志賀町で震度6弱の激しい揺れを観測しました。

 

 被害

震源に近かった石川県では大きな被害となり、倒れてきた石灯籠が当たって1人がなくなったほか、建物などへの被害も相次ぎました。600棟以上が全壊したほか、半壊や一部損壊も含めると2万棟を超える建物に被害が出ました。この地震では断層が地表に現れたときに発生し、一撃で被害を拡大させる長周期パルス(キラーパルス)が観測されました。

1948年 福井地震

地震の概要

1948年6月28日午後4時13分、現在の福井県坂井市付近を震源とするマグニチュード7.1の地震が発生。この地震で福井市では当時の震度としては最大の震度6を観測したほか、金沢市や輪島市でも震度4の揺れを観測しました。のちに震度7が作られるきっかけになった地震です。

 

 被害

被災の中心は福井県で、被害のほとんどが集中していますが、その福井県に次いで被害が大きかったのが石川県です。石川県内だけでも802棟の建物が全壊し、41人が死亡しました。石川県内の最大震度が4なのは、震度の観測点が2か所しかなかったためです。

1799年 金沢地震

地震の概要

1799年6月29日午後4時過ぎ、石川県加賀地方を震源とするマグニチュード6.0の地震が発生。揺れの大きさなど詳細は分かっていませんが、震源付近では震度6い所の激しい揺れがあったとみられています。

 被害

金沢市を中心に被害が大きく、金沢城では石垣が6か所で崩れました。このほか、城下町でも現在の金沢市付近で大きな被害が出ました。家屋の倒壊は約1,000棟に上り、地割れも相次ぎました。この地震による死者は21人。

 

まとめ

北陸地方には数多くの活断層が存在し、そのすべてでいつ地震が起きてもおかしくありません。「自分は関係ない」と思い込まず、家具を固定したり、防災グッズをそろえたりするなど、できることから備えを進めましょう。


にほんブログ村