人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

ハザードマップを信じてはいけない!東日本大震災からの教訓

 みなさんはハザードマップを見たことがありますか?洪水ハザードマップ、土砂災害ハザードマップ、津波ハザードマップなど様々な種類がありますが、ハザードマップを過信してはいけません。

 

2011年3月11日の東日本大震災では、ハザードマップを信じた結果、多くの人が犠牲になった地域がありました。岩手県の釜石市にある鵜住居(うのすまい)地区です。この地域の震災前のハザードマップがこちらです。

鵜住居浸水想定

津波から生き延びる方法『津波避難の三原則』〜釜石の奇跡から学ぶ〜 - YouTube

 

ここに東日本大震災の犠牲者を重ねます。

鵜住居浸水想定

津波から生き延びる方法『津波避難の三原則』〜釜石の奇跡から学ぶ〜 - YouTube

 

ハザードマップで色がついていないところで多くの人が犠牲になっていたことが一目瞭然です。 この地域では犠牲者の84%が浸水想定域の外側で亡くなりました。

 

一方、鵜住居地区ではハザードマップの外側にあった釜石東中学校と鵜住居小学校の生徒・児童はハザードマップを過信せず、あらゆる可能性を考えて、高台へ避難しました。この小学校は結果的に屋上まで津波にのまれました。(釜石の奇跡)

 

ハザードマップはあくまで一つのシミュレーションです。相手は自然、どんなことが起きるかわかりません。ハザードマップで危険だとされていない場所でも被害が出る可能性は否定できません。

 

ハザードマップは「ここで被害が出る」「ここは被害が出ない」ということを示しているのではなく、あくまで災害の一例を示しているに過ぎないことを理解して、見ることが大切です。

 

 

おすすめ記事