人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

台風20号発生 日本に影響の可能性も(各国の最新予想を比較)

2019年10月18日午前3時、日本の南の海上で台風20号「ノグリー」が発生しました。台風19号で大きな被害が出ていることから台風20号の進路に関心がある人も多いのではないでしょうか?台風20号の今後の進路予想を気象庁や世界各国の予想を使って解説します。

f:id:kum-ilo-61:20191018134001p:plain

気象庁

f:id:kum-ilo-61:20191018123524p:plain

こちらは2019年10月18日(金)午前9時の時点での気象庁の予想です。台風20号はゆっくりと沖縄方面に進み見通しですが、勢力はあまり強くならず、沖縄に到達する前に熱帯的圧に変わる可能性もあります。

JTWC(アメリカ軍 合同台風警報センター)

f:id:kum-ilo-61:20191018125615g:plain

こちらはアメリカ軍の合同台風警報センターによる台風20号の進路予想です。この予想によると、台風20号は沖縄の南の海上で進路を北寄りに変え、その後勢力を落とすとされています。ただ熱帯的圧に変わっても日本に大雨など大きな影響を及ぼす可能性があります。

NCEP(アメリカ環境予測センター)

f:id:kum-ilo-61:20191018130045p:plain

こちらはアメリカ環境予測センターによる台風20号の進路予想です。海上では気圧や風などを直接はかることができないため、推定した値を使って予測をしますが、推定値には誤差があります。この図の大量の線は、この誤差を埋めるために少しずつ数値をずらして21パターン計算した結果です。アメリカ環境予測センターによると沖縄に近づかずフィリピン方面に進む予想や、逆に本州に近づいてくる予想もあり、予測が定まっていないことがわかります。

FNMOC(アメリカ海軍気象海洋センター)

f:id:kum-ilo-61:20191018130126p:plain

こちらはアメリカ海軍気象予報センターによる台風20号の進路予想です。21パターンの進路予想があります。平均をとると九州や四国へと近づく予想になっていますが、詳しい予想を見るとフィリピン方面に進む予想と、日本の南岸を進む予想の2つに分かれています。今後の情報に注意が必要です。 

UKMO(イギリス気象局)

f:id:kum-ilo-61:20191018130102p:plain

こちらはイギリス気象局による台風20号の進路予想です。36パターンの進路予想があります。平均をとると本州に近づいてくるようにも見えますが、東へ逸れる予想から、西へ逸れる予想まであり、予測が定まっていないことがわかります。

CMC(カナダ気象センター)

f:id:kum-ilo-61:20191018130113p:plain

こちらはカナダ気象センターによる台風20号の進路予想です。21パターンの進路予想があります。大半はフィリピンや大陸方面に進む予想になっていますが、一部本州へと接近する予想もあります。

まとめ

各国の予想を見ると台風20号の進路予想はまだ定まっていないことがわかります。勢力はあまり強くならず、早い段階で熱帯低気圧に変わり見込みですが、来週の雨に何らかの影響を与える可能性があり、大雨や強風のなどの気象情報に注意が必要です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村