人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

津波のスピードをわかりやすく解説 最高時速800kmジェット機並み!

東日本大震災で日本に甚大な被害をもたらした大津波。南海トラフ巨大地震でも同じような大津波が想定されています。ところでみなさん、津波はどれくらいの速さで押し寄せてくるのかご存知ですか?これを知らないと津波から逃げ切れずに命を落としてしまうかもしれません!

津波とは?

海底でプレートがずれたり、活断層がずれたりして地震が発生した際、海底の動きに合わせて海水全体が盛り上がったり、沈み込んだりして巨大な波を発生させます。これが津波です。津波は普通の波とは違って水面から海底までの全ての水が動き、波長は数kmから数百kmになることもあります。波というより、海面全体が持ち上がると言ったほうがイメージしやすいかもしれません。いわば、「海からの大洪水」です!

津波のスピード

水深5000m

津波は水深が深くなるほどスピードが早くなります。水深5000mではなんと時速800km、ジェット旅客機並みのとてつもないスピードで進みます。

飛行機

想像してみてください。海水全体が時速800kmで動いている状態を。日常生活の中ではまずありえない現象なので想像できないかもしれませんが、とても危険な状態だということはおわかりいただけると思います。

水深500m

水深が500mほどになっても津波は凄まじいスピードを保っています。この深さでは時速250kmほど、新幹線並みの速さです。

飛行機

先ほどの時速800kmよりはイメージしやすいのではないでしょうか?このため震源が陸地から離れていても、地震があったらすぐに避難を始めることが必要です。

水深100m

陸に近づき水深が100mほどになっても津波は時速110kmというスピードを保っています。これは高速道路を走っている車よりも早いスピードです。

高速道路

海に津波が見えた始めたら既に手遅れです。

水深10m

海岸付近にまで津波が到達すると時速約30〜40kmになります。先ほどまでと比べてスピードは落ちましたが、これでもかなりのスピードです。わかりやすく例えるとオリンピック陸上100mで3連覇を達成したウサイン・ボルト選手の最高速度くらいです。一般人が走って津波から逃げることは到底不可能です。さらにスピードが落ちる代わりに後ろからきた波が重なり合って高さが急激に増します。水平線の方に津波が見えていた時はそれほど高くなくても海岸に近づくと急激に高くなることがあります。

まとめ

目の前にある海の水全体が時速40kmで自分の方に向かってくる状態を想像してみてください。頭の中でイメージしてみれば、空振りでも逃げたほうがいいと気付くはずです。津波避難の鉄則「迷わない・自分は大丈夫と思い込まずに“絶対に”避難する」覚えておいてください。そしていざという時は、あなたが一番最初に避難をしてください。周りの様子を見て「誰も避難してないから避難しなくても大丈夫」などと思い込まず、絶対に避難をしてください。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村