人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

【熊本県】3分でわかる過去の大地震「2016年熊本地震・1889年熊本地震」

熊本県

2016年4月熊本県を大きな地震が襲いました。その熊本県ではそれ以前にも、繰り返し大きな地震に襲われてきました。過去に熊本県を襲った大地震の中から2つの地震を紹介します。

2016年 熊本地震

地震の概要

2016年4月、熊本県内を震源とする規模の大きな地震が相次ぎました。この一連の地震活動を「熊本地震」と呼びます。

1回目の震度7

4月14日午後9時26分、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード6.5の地震が発生。 熊本県益城町で震度7の非常に激しい揺れを観測したほか、 熊本市東区・熊本市西区・熊本市南区・玉名市・宇城市・西原村・嘉島町で震度6弱の激しい揺れを観測しました。日本国内で震度7が観測されたのは、1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、2004年の新潟県中越地震、2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に続いて4回目です。

2回目の震度7

1回目の地震から28時間後の4月16日午前1時25分、またしても熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生。熊本県西原村と益城町で震度7の非常に激しい揺れを観測したほか、熊本市中央区・熊本市東区・熊本市西区・宇城市・合志市・菊池市・南阿蘇村・大津町・嘉島町で震度6強の激しい揺れを、熊本市南区・熊本市北区・阿蘇市・八代市・玉名市・上天草市・天草市・菊陽町・御船町・美里町・山都町・氷川町・和水町で震度6弱の激しい揺れを観測しました。同じ場所で震度7を2度観測したのは観測史上初めてです。

 被害

震度7や震度6強の激しい揺れが何度も襲ったため、熊本県を中心に大きな被害となりました。熊本県や益城町、西原村、南阿蘇村などで建物の倒壊が相次ぎ、熊本城の天守閣も大きく破損したほか、石垣が100か所以上で崩れるなど甚大な被害が出ました。また南阿蘇村では大規模な土砂崩れが発生し、全長200mもある阿蘇大橋がほぼ跡形もなく崩壊しました。この地震による建物の被害は10万件を大きく超え、建物の下敷きとなるなどして合わせて50人が死亡したほか、200人以上が災害関連死と認定されています。

1889年 熊本地震

地震の概要

1889年7月28日午後11時45分、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード6.3の地震が発生。この地震で震源付近を中心に震度5以上の強い揺れに襲われたと考えられていますが、詳しい震度は分かっていません。

 被害

被害は震源の真上に位置する熊本県に集中し、熊本県内だけで239棟の建物が全壊するなど大きな被害になりました。この地震による熊本県内の死者は20人。

 

まとめ

熊本県ではこの2つの地震以前にも、熊本県直下を震源とする地震が発生していて、今後も大きな地震が発生する可能性があります。熊本県内では現在もひずみがたまっていて、地震が発生しやすい状況になっていると考えられています。「一度地震が起きたからもう大丈夫」ということはありません。もう一度、大地震が来ても大丈夫なように備えを怠らないようにしましょう。


にほんブログ村