人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

なぜ高速道路は倒壊した? 〜阪神・淡路大震災〜

阪神淡路大震災といえば“高速道路の倒壊”を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?なぜあれだけの巨大建造物が倒壊してしまったのか?その原因を見てみると、これからの地震でも「高速道路が倒壊しない」という保証は全くないということが見えてきました。

f:id:kum-ilo-61:20190113220728j:plain

写真提供:神戸市

 

阪神淡路大震災

阪神淡路大震災とは1995年1月7日午前5時46分に本州と淡路島の間を震源とする兵庫県南部地震(M7.2)によって引き起こされた災害を指します。

兵庫県南部地震

震度

気象庁|阪神・淡路大震災

 

震源域

淡路島北部から神戸にかけて

観測された震度

震度6:神戸市中央区・洲本市

現地調査による震度

震度7:神戸市東灘区・灘区・中央区・兵庫区・長田区・須磨区、西宮市・芦屋市・宝塚市・津名町・北淡町・一宮町

震度6:神戸市垂水区・北区・西区、尼崎市、明石市、伊丹市、川西市、淡路町、東浦町、五色町

 被害

主な被害

断層が真下を通っていた神戸市や淡路島などで甚大な被害が出ました。近代の大都市が震度7の揺れに襲われたのはこれが初めてで、兵庫県内だけで10万棟以上の建物が全壊する大惨事となりました。また高速道路が横倒しになったほか、鉄道の橋脚が各地で破損しました。しかし幸いなことに新幹線は始発前だったため大きな被害は免れました。さらに、各地で200件を超える火災が発生しました。当時は風が弱かったため延焼は最小限に抑えられましたが、それでも7,000棟近い建物が焼失しました。

 死者・行方不明者

兵庫県を中心に相次いだ建物の倒壊と火災によって6,341人が死亡したほか、3人が行方不明のままとなりました。

高速道路はなぜ倒壊した? 

阪神・淡路大震災の中でも特段クローズアップされたのが阪神高速道路の倒壊です。震度7の激しい揺れによって阪神高速道路3号神戸線が、神戸市灘区で約600mに渡って横倒しになりました。

 

なぜ、阪神高速道路はなぜ倒壊したのでしょうか?  

想定外の揺れ

その最大の理由は

想定をはるかに超えた揺れだったから

です。

 

阪神・淡路大震災以前は、1923年の関東大震災クラスの揺れが最大だと考えられていました。しかし、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)ではこの時の1.5〜2倍程度の大きな揺れに襲われました。

 

この揺れは、当時、法律などで想定されていた揺れを上回り、その結果、揺れに耐えられなくなった高速道路が倒壊しました。倒壊したエリアでは高速道路の固有周期と地震の揺れの周期が一致したため、特に大きく揺れたと考えられています。また倒壊直前に、高速道路が大きく波打っていたという証言もあることから“共振”していたことはほぼ確実だとみられています。

参考:共振

橋の固有周期と橋を渡る人々の歩調の周期が一致したため、橋が大きく揺れました。人は周りの人とぶつからないように、歩調を合わせる習性があるため、このような事態になりました。過去には、軍隊の行進の歩調が、橋の固有周期と一致したために橋が崩落したこともあります。

まとめ

揺れが想定を上回っていたにも関わらず、大きく倒壊したのはこの1箇所のみだったのは、日本の建築技術の高さによるものでしょう。阪神・淡路大震災以降、建築基準が厳しくなり、あの日以降、同じような事故は発生していません。しかし、また“想定を上回る揺れ”に襲われた時に高速道路が倒壊しない保証はありません。

 

noteで、より詳しい情報を提供しています。

本当に命を守れる防災情報をお届け!人が死なない防災|note