人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

南海トラフ巨大地震 4ケース+経験的手法=最悪ケース震度予測

南海トラフ巨大地震の震度予測は「基本ケース」「東側ケース」「西側ケース」陸側ケース」の4ケースと「経験的手法」によるものがあり、この5つを重ね合わせたものが「最悪ケース」として広く知られている震度予測地図です。

基本ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223756p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

 基本ケースは2003年に中央防災会議が「東海地震東南海地震・南海地震」の3連動地震の想定を参考に予測したもので、静岡県、愛知県、三重県和歌山県徳島県高知県震度7の揺れが予測されています。

東側ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223803p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

このケースは基本ケースから強い揺れを発生させる領域を東側にずらしてシミュレーションを行ったもので、静岡や愛知で震度7の領域が目立ち、四国にも震度7を示す赤色のエリアが広がっています。このケースで震度7が想定されているのは静岡県、愛知県、三重県兵庫県和歌山県徳島県高知県です。

 西側ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223843p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討 

このケースは基本ケースから強い揺れを発生させる領域を西側にずらしてシミュレーションを行ったもので、紀伊半島や四国で強い揺れになる傾向があります。このケースで震度7が想定されているのは静岡県、愛知県、三重県兵庫県和歌山県徳島県香川県高知県です。

陸側ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223850p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

このケースは強い揺れを発生させる領域を可能性のある中で最も陸側に設定したものです。ほぼ直下型の地震となることから、震度7のエリアが目立ちます。このケースで震度7が想定されているのは静岡県、愛知県、三重県兵庫県和歌山県徳島県香川県愛媛県高知県、それに宮崎県です。

経験的手法による震度分布

f:id:kum-ilo-61:20190201223855p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

これは「基本ケース」「東側ケース」「西側ケース」「陸側ケース」で設定した強い揺れを発生させる場所が必ず正しいとは言い切れないため、強震断層全体から距離のみを考慮して震度を予測したケースです。これまでのケースに比べて震度7のエリアは狭いように見えますが、神奈川県から鹿児島県にかけて広い範囲で震度6弱以上の揺れが想定されています。

 最悪ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223901p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

4ケースに経験的手法による震度分布を合わせたのが「最悪ケース」です。可能性はかなり低いですが、本当に最悪の場合はこのような震度分布になります。静岡や愛知、それに四国などで震度7を示す赤色のエリアが目立ちます。最悪の場合、静岡県、愛知県、三重県兵庫県和歌山県徳島県香川県愛媛県高知県、宮崎県で震度7の揺れに襲われます。

 この震度予測はあくまで予測で、場合によってはこの予測を上回ることも考えられます。この地図を見て「自分の地域は大丈夫だ」と油断するのは非常に危険です。想定外まで考慮して地震に備えましょう。

 

おすすめ記事