人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

予想1m、実際には4mの津波 2016年福島県沖地震 津波警報はなぜ外れた?

 

2016年11月に福島県沖で発生した地震では宮城県の津波の予想高さが1mだったにもかかわらず、実際には現地調査で最大4mの津波が起きていたことがわかりました。東日本大震災以降、津波の過小評価対策が取られてきたはずでしたが、なぜこのような事態になってしまったのでしょうか?

f:id:kum-ilo-61:20190127221452p:plain

津波警報の発表状況

2016年11月22日朝早く、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の大きな地震が発生しました。この地震によって福島県に予想高さ3mの津波警報が出されたほか、青森県から千葉県にかけて予想高さ1mの津波注意報が発表されました。

 

予想到達時刻を大きく過ぎても、津波警報の基準に達する津波は観測されず、予想はおおむね的中したと思われました。

 

しかし、地震発生から2時間以上が経過した午前8時すぎ、予想高さ1mだった宮城県で1.4mの大きな津波が観測されたのです。気象庁は急遽、宮城県に予想高さ3mの津波警報を発表しましたが、すでに最大波が到達した後でした。

なぜ予想は外れた?

津波の高さの予想はなぜ外れたのでしょうか?この原因は気象庁の津波警報を発表システムにありました。

 

津波警報は地震発生後約3分で発表されます。これは1993年の北海道南西沖地震の際の津波到達が地震発生の3分後で津波警報が間に合わなかったためです。

 

現在の最新技術を用いても3分以内に津波のシミュレーションを行うことはできません。そこで気象庁は日本周辺の1500か所について深さ6通り、地震の規模4通りのシミュレーションを事前に行っていて、地震発生から3分で求めた地震の規模や震源の位置から、もっとも近いシミュレーション結果を使用して津波警報を発表しています。

 

ここで最も重要なのは、実際に発生した地震が「津波予報データベース」の中に存在しなかった場合、正確な予測を出すことは困難だということです。2016年11月22日の福島県沖地震がまさにこのケースでした。福島県沖の地震のシミュレーションも存在していましたが、“断層の向き”が違っていたため予想が外れてしまったのです。

 

データベースの中のシミュレーションでは、南北に伸びる断層を想定していたため、福島県で最も津波が高くなるとされていましたが、実際に発生した地震は北東ー南西方向に伸びる断層でした。その結果、津波が陸に対して斜めに押し寄せ、沿岸で反射した津波が宮城県へと回り込み、宮城県に予想以上の津波が押し寄せたのです。

まとめ

気象庁は津波の高さを過小に予測したことを受けて、新たに2000通りのシミュレーションを追加しました。しかし、自然災害の予測に“絶対”はありません。また外れる可能性も十分にあります。津波警報、注意報には誤差がつきものだということを忘れずに、常に「もしこの予想が間違っていたら」と最悪の事態を想定して行動するようにしてください。

  

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村