人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

いまさら聞けない マグニチュードって何?

 

f:id:kum-ilo-61:20181029141333p:plain

震度とマグニチュード

まずは"震度"と"マグニチュード"の違いを簡潔に説明します。

震度

震度は「揺れの大きさ」を表しています。「震度7」「震度3」など1つの地震でたくさんの震度が観測されます。

マグニチュード

マグニチュードは「地震の規模」を表しています。こちらは震度と違って1つの地震につき1つだけです。「M7.3」「M9.0」と表します。

 

マグニチュードとは

それではマグニチュードについて掘り下げてみましょう。南海トラフ巨大地震はM8~9程度と言われていますが、「M9.0」と「M8.0」どれくらい違うと思いますか?

 

「1しか違わない」と思った方、多いのではないでしょうか?確かに数字の上では1しか違いません。8と9はたいして変わらないと考えるのが普通です。

 

しかし…

 

正しくは「1も違う」です。

ここでは難しい話はしませんがマグニチュードは1上がると地震のエネルギーは約32倍にもなります!

 

具体的な違いは下の早見表を参考にしてください。 

マグニチュード早見表

 マグニチュードが

 0.1上がるとエネルギーは1.4倍

 0.2上がるとエネルギーは2.0倍

 0.3上がるとエネルギーは2.8倍

 0.4上がるとエネルギーは4.0倍

 0.5上がるとエネルギーは5.6倍

 0.6上がるとエネルギーは7.9倍

 0.7上がるとエネルギーは11.2倍

 0.8上がるとエネルギーは15.8倍

 0.9上がるとエネルギーは22.4倍

 1.0上がるとエネルギーは31.6倍

 

ここまでは0.1単位でみてきましたが、ここからは1単位で見ていきます。「え?」と思うかもしれませんが正確な値です。

 

 マグニチュードが 

 2.0上がると1000倍

 3.0上がると31622.8倍

 4.0上がると1000000倍

 5.0上がると31622776.6倍

 6.0上がると1000000000倍 

 7.0上がると31622776601.8倍

 8.0上がると1000000000000倍 

 

このようにマグニチュードが0.2違うだけ地震のエネルギーは2倍になり、1違うだけで地震のエネルギーは桁違いになります。今度「マグニチュード」と聞いたらこのことを思い出してみてください。

 

  

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村